指輪を手作りしてみたい | 初めての人向け 指輪を手作りする方法

指輪を手作りしてみたい

最近20代30代の若い世代を中心に指輪を手作りしてみたいという人が増えており、インターネット上でも話題になっていますが、指輪を手作りするためにはどのようにすればいいのでしょうか?
指輪はアクセサリーの中でも身に着ける機会が多い身近なものですし、エンゲージリングやマリッジリングなどのブライダルリングやペアリングなど愛の証となるものでもあります。
そこでここでは指輪を手作りするにはどのような手段があるのか、そして手作りするときの流れをお伝えしていきたいと思いますので、興味があるけど知識がないからなかなかチャレンジできない…という人は参考にしてください。

▼ 目次

オーダーメイドやセミオーダーの指輪

はじめに指輪を手作りする方法から説明しますが、一般的にもっともよく知られている方法はオーダーメイドやセミオーダーではないでしょうか?
これはオーダーメイドやセミオーダーができるブランドショップや、それを専門にしているショップを利用して作成することができます。
ブランドショップでオーダーメイドをする場合は既製品を購入するよりもコストがかかってしまうこともありますが、好きなブランドの指輪を自分好みにカスタムできるというメリットがあります。
一方で専門のショップを利用する場合はブランド料などが加算されない分、リーズナブルな価格で指輪を手作りできるというメリットがあります。

ブランドでオーダーメイドをするときに注意して欲しいのがすべてのブランドショップでできるわけではないこと、そしてデザインのバリエーションがあらかじめ決まっていることがあるという点です。
できるだけ自由度の高いデザインの指輪を作りたいのであれば、オーダーメイド専門のショップのほうが希望通りに作れる可能性が高いと思います。
この点は実際に確認してみないと分からないところなので、まずは予算をどれくらい準備できるのか、そして希望のデザインはどんなものなのか、素材や石は何を使いたいのかといったことを明確にしておきましょう。

アトリエで作る指輪

次に近年急速に話題を集めているのが、指輪を手作りできる専門のアトリエで、ここはただ自分たちでデザインを考えるだけでなく実際にアトリエに入って指輪作りをすることができるのがもっとも大きな特徴です。
いわゆる手作り指輪体験というものですが、手作りの体験と聞くとどうしてもチープなものしか作れない、作っても失敗してしまったり壊れやすかったりするイメージが強いと思います。
しかし専門のアトリエで手作りする指輪は素材や石もしっかりしたものを準備していますし、熟練の技術を持ったジュエリークリエイターが在籍していてしっかりとサポートしてくれるので、出来上がりもブランドショップ顔負けのクオリティだそうです。
実際にアトリエに入って指輪を手作りした人に話を聞いてみても、とても満足度が高かったと答えている人がほとんどで、非常に高評価を得ているそうです。

アトリエの中にはブライダルリングを専門にしているところもあって、ここでは金やプラチナなどの本格的な素材を使った指輪を手作りしても3万円〜5万円程度の予算でできる場合もあります。
このコストパフォーマンスの良さが専門のアトリエのブームになっている理由のひとつで、これまでブライダルリングと言えば高級ブランドショップやジュエリーショップで既製品を購入するのが当たり前でしたが、それだとコストがかかり過ぎてしまいます。
たとえばエンゲージリングの相場はだいたい20万円〜30万円程度、マリッジリングの場合はひとりあたり10万円〜15万円程度かかりますが、先ほども言ったようにアトリエで手作りすればこの半額程度
の価格で作成可能になるのです。

手作りの結婚指輪アトリエ

実際に指輪を作るときのまとめ

それでは指輪を手作りするときの流れですが、オーダーメイドやセミオーダーの場合は打ち合わせの段階で素材や石の組み合わせからデザインまで完全に決めてあとはジュエリークリエイターにすべて任せるという形になります。
したがってオーダーしたあとは出来上がりまで待つだけです。
その期間はだいたい1か月〜3カ月程度ですが、どこのショップを利用するのかはもちろん、結婚式が多くなるジューンブライド近辺は予約が殺到するのでいつもより長くなる可能性が高いです。

一方専門のアトリエは打ち合わせ後、利用者もアトリエで一緒に作成するので作業できる日にちを決めます。
作業当日はジュエリークリエイターと一緒にアトリエに入って作業を進めますが、基本的に仕上がりに影響する重要な工程はすべてジュエリークリエイターが行いますので、初めての人や手先があまり器用ではない人でも安心して参加できます。
専門のアトリエを利用する場合、すぐ出来上がるときもあれば3カ月程度かかるときもありますので、その点はあらかじめ確認しておいたほうがいいでしょう。

このように指輪を手作りする手段は今とても多様化していますから、自分の納得できる指輪を作るためにも情報収集をしっかりやってください。

新着情報

指輪はどうやって作れば良いのでしょうか?

初めての指輪手作り!何をどうすれば?

指輪の手作りを決意しても、何処から始めれば良いのかわからないものです。とりあえず道具と素材をそろえなければならないのは、なんとなくは想像つくでしょう。では指輪作りの道具と素材は、何処で仕入れれば良いのでしょうか。そもそもどんな道具と素材を使えば良いのかも、ハッキリしていないのが正直なところです。
そこで初めての人に向けて、指輪を手作りする方法をまとめてみました。
≫ 『指輪はどうやって作れば良いのでしょうか?』

初めての人に贈る指輪の作り方

指輪を作ってみたい!でもどうすれば良いのですか?

自分の指を彩る指輪を手作りしてみたいと思っていることでしょう。しかし初めての手作りとなると、わからないことだらけ。右も分からなければ左も分からない状態に陥っていると思われます。
そこで初めての人に向けて、指輪を手作りする方法についてご紹介します。
≫ 『初めての人に贈る指輪の作り方』

指輪を手作りする2つの方法

全て自分で作業をする

せっかくの結婚指輪なので、自分たちで手作りをしたいと思う人もいるでしょう。
手作りする方法は2つ存在しているのですが、1つ目は最初から最後まで自分で行う方法です。

結婚指輪に使用する素材や宝石、使用する工具類なども全部購入する必要があるので、道具があらかじめ揃っていないと、ある程度高い出費となることもあるでしょう。
万が一失敗した場合は、また素材を購入して1から製作し直さなければいけません。

うまく作れたとしても、もしサイズ直しが必要になった場合には、当然店では対応してもらえませんので、自分で直すしかなくなります。
物作りが大好きで、工具なども揃っていれば安い価格で作れるというメリットはありますが、デメリットが多いことからあまりおすすめはできません。
≫ 『指輪を手作りする2つの方法』

初めてだからこそ抑えたい製造方法

ロストワックスと鍛造

結婚指輪を初めて手作りする上で抑えておきたいのが、製法です。指輪の作り方には、「ロストワックス製法」と「鍛造」の2種類あります。作り方は、指輪の仕上がりやデザインにも大きく左右します。結婚指輪の選び方にはいろんな方法がありますが、製造方法がわかれば、完成品も想像しやすくなるでしょう。
「ロストワックス製法」や「鍛造」でどんな結婚指輪ができるのか、取り上げます。
≫ 『初めてだからこそ抑えたい製造方法』

後悔しない結婚指輪を作る方法

結婚指輪を作ったことがありますか?

ファッション用の指輪なら、趣味の一環として作ったことがある人もいらっしゃるでしょう。しかし趣味としてアクセサリーを作っている人でも、結婚指輪を作っている人となるとそこまで多くはありません。
ファッション用の指輪の場合、仕上がりに満足できなくても諦めはつくかとおもいます。でも結婚指輪となると、諦めはつきません。一生に一度の結婚指輪。絶対に後悔のない結婚指輪を手にしたいものです。
≫ 『後悔しない結婚指輪を作る方法』