指輪を手作りしてみたい | 初めての人向け 指輪を手作りする方法

指輪を手作りしてみたい

最近20代30代の若い世代を中心に指輪を手作りしてみたいという人が増えており、インターネット上でも話題になっていますが、指輪を手作りするためにはどのようにすればいいのでしょうか?
指輪はアクセサリーの中でも身に着ける機会が多い身近なものですし、エンゲージリングやマリッジリングなどのブライダルリングやペアリングなど愛の証となるものでもあります。
そこでここでは指輪を手作りするにはどのような手段があるのか、そして手作りするときの流れをお伝えしていきたいと思いますので、興味があるけど知識がないからなかなかチャレンジできない…という人は参考にしてください。

▼ 目次

オーダーメイドやセミオーダーの指輪

はじめに指輪を手作りする方法から説明しますが、一般的にもっともよく知られている方法はオーダーメイドやセミオーダーではないでしょうか?
これはオーダーメイドやセミオーダーができるブランドショップや、それを専門にしているショップを利用して作成することができます。
ブランドショップでオーダーメイドをする場合は既製品を購入するよりもコストがかかってしまうこともありますが、好きなブランドの指輪を自分好みにカスタムできるというメリットがあります。
一方で専門のショップを利用する場合はブランド料などが加算されない分、リーズナブルな価格で指輪を手作りできるというメリットがあります。

ブランドでオーダーメイドをするときに注意して欲しいのがすべてのブランドショップでできるわけではないこと、そしてデザインのバリエーションがあらかじめ決まっていることがあるという点です。
できるだけ自由度の高いデザインの指輪を作りたいのであれば、オーダーメイド専門のショップのほうが希望通りに作れる可能性が高いと思います。
この点は実際に確認してみないと分からないところなので、まずは予算をどれくらい準備できるのか、そして希望のデザインはどんなものなのか、素材や石は何を使いたいのかといったことを明確にしておきましょう。

アトリエで作る指輪

次に近年急速に話題を集めているのが、指輪を手作りできる専門のアトリエで、ここはただ自分たちでデザインを考えるだけでなく実際にアトリエに入って指輪作りをすることができるのがもっとも大きな特徴です。
いわゆる手作り指輪体験というものですが、手作りの体験と聞くとどうしてもチープなものしか作れない、作っても失敗してしまったり壊れやすかったりするイメージが強いと思います。
しかし専門のアトリエで手作りする指輪は素材や石もしっかりしたものを準備していますし、熟練の技術を持ったジュエリークリエイターが在籍していてしっかりとサポートしてくれるので、出来上がりもブランドショップ顔負けのクオリティだそうです。
実際にアトリエに入って指輪を手作りした人に話を聞いてみても、とても満足度が高かったと答えている人がほとんどで、非常に高評価を得ているそうです。

アトリエの中にはブライダルリングを専門にしているところもあって、ここでは金やプラチナなどの本格的な素材を使った指輪を手作りしても3万円〜5万円程度の予算でできる場合もあります。
このコストパフォーマンスの良さが専門のアトリエのブームになっている理由のひとつで、これまでブライダルリングと言えば高級ブランドショップやジュエリーショップで既製品を購入するのが当たり前でしたが、それだとコストがかかり過ぎてしまいます。
たとえばエンゲージリングの相場はだいたい20万円〜30万円程度、マリッジリングの場合はひとりあたり10万円〜15万円程度かかりますが、先ほども言ったようにアトリエで手作りすればこの半額程度
の価格で作成可能になるのです。

手作りの結婚指輪アトリエ

実際に指輪を作るときのまとめ

それでは指輪を手作りするときの流れですが、オーダーメイドやセミオーダーの場合は打ち合わせの段階で素材や石の組み合わせからデザインまで完全に決めてあとはジュエリークリエイターにすべて任せるという形になります。
したがってオーダーしたあとは出来上がりまで待つだけです。
その期間はだいたい1か月〜3カ月程度ですが、どこのショップを利用するのかはもちろん、結婚式が多くなるジューンブライド近辺は予約が殺到するのでいつもより長くなる可能性が高いです。

一方専門のアトリエは打ち合わせ後、利用者もアトリエで一緒に作成するので作業できる日にちを決めます。
作業当日はジュエリークリエイターと一緒にアトリエに入って作業を進めますが、基本的に仕上がりに影響する重要な工程はすべてジュエリークリエイターが行いますので、初めての人や手先があまり器用ではない人でも安心して参加できます。
専門のアトリエを利用する場合、すぐ出来上がるときもあれば3カ月程度かかるときもありますので、その点はあらかじめ確認しておいたほうがいいでしょう。

このように指輪を手作りする手段は今とても多様化していますから、自分の納得できる指輪を作るためにも情報収集をしっかりやってください。

新着情報

生まれてはじめての結婚指輪!どうすれば良い?

初めての結婚指輪に挑む人へ

生まれてはじめての結婚となったら、当然ながら結婚指輪の手作りも「生まれてはじめて」でしょう。「結婚指輪は金属から作る」というのはなんとなく理解はしていても、具体的にどうやって作るのかはわからない状態にあるかと思われます。
そこで初めての人に向けて、結婚指輪を手作りする方法についてまとめました。
≫ 『生まれてはじめての結婚指輪!どうすれば良い?』

指輪をゼロから作る

手作り指輪体験はなかなかできない

指輪をゼロから手作りした人は、そこまで多くはないと思います。女性ならば、小さい頃にテグスとビーズを使って指輪を作った人は多いでしょう。中には花を輪っかにして、天然の指輪を作った人もいらっしゃるかと思います。
でも金属を使って、本格的な指輪作りとなると経験者は少なくなるでしょう。指輪の手作りは滅多にできない貴重な経験だからこそ、忘れられない思い出になるというものです。ペアリングを一緒に手作りして、恋人同士の思い出を作り上げましょう。
≫ 『指輪をゼロから作る』

結婚指輪の手作りって実際どうなのか?

結婚指輪の手作りは流行っているけども

結婚指輪の手作りが気になっていても、実際のところはどうかはわかりません。一生に一度の結婚指輪だからこそ、確実なものを手にしたいもの。
そこで手作り結婚指輪についての、実際の所を深堀りしてみました。忖度なしの毒舌付き!ぜひ参考にしてみて下さい。
≫ 『結婚指輪の手作りって実際どうなのか?』

工房に行って手作りするのが一般的

初めてでも安心して手作りができる

なんでも初めて行う場合には、期待と同時に不安もあるはずです。
それは結婚指輪を手作りするときも同じでしょうが、どのようにして作業をするのか、どこで作業ができるのかを知っておけば、不安は取り除けるでしょう。

そこで初心者でも安心して結婚指輪を手作りできるように、流れを説明していきたいと思います。
結婚指輪を手作りする方法は2つあるのですが、1つは自分で全て道具や素材を揃える方法なので、あまりおすすめはできません。

それに対してもう1つの方法は、工房と呼ばれている指輪を手作りする専門店に行くことで、結婚指輪を手作りすることができるのです。
工房にはベテランの職人がいるので、初心者であっても指導をしてもらいながら結婚指輪を手作りすることができるのです。

ただし、工房によってどこまで手作りができるのかが異なりますし、選ぶデザインによってもどこまで手作りするのかが変わってきます。
最初から最後まで手作りできるところもありますし、一部分だけ自分たちで行い、後は職人が仕上げてくれることもあります。
≫ 『工房に行って手作りするのが一般的』

5号の結婚指輪を手作りしたい!大きさを間違えずに作れる?

サイズ通りに結婚指輪を手作りできる?

結婚指輪を選ぶときに大切なのがサイズです。
最適な大きさで作れれば指にはめたときに違和感などが生じづらく、しっくりと手元になじみます。
5号といった希望の大きさがすでに固まっている方など、あとは手作りするときにサイズがぶれないかといった心配があることでしょう。
作り方によってはその心配はほとんどいらず、希望する5号のものをうまく作りきれます。
≫ 『5号の結婚指輪を手作りしたい!大きさを間違えずに作れる?』