指輪を手作りしてみたい | 初めての人向け 指輪を手作りする方法

指輪を手作りしてみたい

最近20代30代の若い世代を中心に指輪を手作りしてみたいという人が増えており、インターネット上でも話題になっていますが、指輪を手作りするためにはどのようにすればいいのでしょうか?
指輪はアクセサリーの中でも身に着ける機会が多い身近なものですし、エンゲージリングやマリッジリングなどのブライダルリングやペアリングなど愛の証となるものでもあります。
そこでここでは指輪を手作りするにはどのような手段があるのか、そして手作りするときの流れをお伝えしていきたいと思いますので、興味があるけど知識がないからなかなかチャレンジできない…という人は参考にしてください。

▼ 目次

オーダーメイドやセミオーダーの指輪

はじめに指輪を手作りする方法から説明しますが、一般的にもっともよく知られている方法はオーダーメイドやセミオーダーではないでしょうか?
これはオーダーメイドやセミオーダーができるブランドショップや、それを専門にしているショップを利用して作成することができます。
ブランドショップでオーダーメイドをする場合は既製品を購入するよりもコストがかかってしまうこともありますが、好きなブランドの指輪を自分好みにカスタムできるというメリットがあります。
一方で専門のショップを利用する場合はブランド料などが加算されない分、リーズナブルな価格で指輪を手作りできるというメリットがあります。

ブランドでオーダーメイドをするときに注意して欲しいのがすべてのブランドショップでできるわけではないこと、そしてデザインのバリエーションがあらかじめ決まっていることがあるという点です。
できるだけ自由度の高いデザインの指輪を作りたいのであれば、オーダーメイド専門のショップのほうが希望通りに作れる可能性が高いと思います。
この点は実際に確認してみないと分からないところなので、まずは予算をどれくらい準備できるのか、そして希望のデザインはどんなものなのか、素材や石は何を使いたいのかといったことを明確にしておきましょう。

アトリエで作る指輪

次に近年急速に話題を集めているのが、指輪を手作りできる専門のアトリエで、ここはただ自分たちでデザインを考えるだけでなく実際にアトリエに入って指輪作りをすることができるのがもっとも大きな特徴です。
いわゆる手作り指輪体験というものですが、手作りの体験と聞くとどうしてもチープなものしか作れない、作っても失敗してしまったり壊れやすかったりするイメージが強いと思います。
しかし専門のアトリエで手作りする指輪は素材や石もしっかりしたものを準備していますし、熟練の技術を持ったジュエリークリエイターが在籍していてしっかりとサポートしてくれるので、出来上がりもブランドショップ顔負けのクオリティだそうです。
実際にアトリエに入って指輪を手作りした人に話を聞いてみても、とても満足度が高かったと答えている人がほとんどで、非常に高評価を得ているそうです。

アトリエの中にはブライダルリングを専門にしているところもあって、ここでは金やプラチナなどの本格的な素材を使った指輪を手作りしても3万円〜5万円程度の予算でできる場合もあります。
このコストパフォーマンスの良さが専門のアトリエのブームになっている理由のひとつで、これまでブライダルリングと言えば高級ブランドショップやジュエリーショップで既製品を購入するのが当たり前でしたが、それだとコストがかかり過ぎてしまいます。
たとえばエンゲージリングの相場はだいたい20万円〜30万円程度、マリッジリングの場合はひとりあたり10万円〜15万円程度かかりますが、先ほども言ったようにアトリエで手作りすればこの半額程度
の価格で作成可能になるのです。

手作りの結婚指輪アトリエ

実際に指輪を作るときのまとめ

それでは指輪を手作りするときの流れですが、オーダーメイドやセミオーダーの場合は打ち合わせの段階で素材や石の組み合わせからデザインまで完全に決めてあとはジュエリークリエイターにすべて任せるという形になります。
したがってオーダーしたあとは出来上がりまで待つだけです。
その期間はだいたい1か月〜3カ月程度ですが、どこのショップを利用するのかはもちろん、結婚式が多くなるジューンブライド近辺は予約が殺到するのでいつもより長くなる可能性が高いです。

一方専門のアトリエは打ち合わせ後、利用者もアトリエで一緒に作成するので作業できる日にちを決めます。
作業当日はジュエリークリエイターと一緒にアトリエに入って作業を進めますが、基本的に仕上がりに影響する重要な工程はすべてジュエリークリエイターが行いますので、初めての人や手先があまり器用ではない人でも安心して参加できます。
専門のアトリエを利用する場合、すぐ出来上がるときもあれば3カ月程度かかるときもありますので、その点はあらかじめ確認しておいたほうがいいでしょう。

このように指輪を手作りする手段は今とても多様化していますから、自分の納得できる指輪を作るためにも情報収集をしっかりやってください。

新着情報

安いシンプルな指輪と人気のある手作り結婚指輪

宝石なしの指輪は安い価格で購入可能

結婚指輪を選ぶ際に、宝石なしのシンプルな指輪や宝石ありの華やかな指輪など迷うことが多いと思います。
そこで、シンプルな指輪について、書きたいと思います。

シンプルな指輪は、宝石が無いので値段は安くなります。
しかし、宝石がないので華やかさやゴージャス感を出すことは難しいですが、結婚指輪と婚約指輪を重ね付けする場合には、華やかさも増加させることができます。

また、宝石がないので、宝石が取れてしまう心配もありませんし、サイズ交換も宝石がついていたり、デザイン性が複雑ということは無いので、すぐに行ってくれます。
そのため、アフターケアの面であると、宝石がついてある結婚指輪と比較すると労力がかからないというメリットがあるでしょう。

≫ 『安いシンプルな指輪と人気のある手作り結婚指輪』

結婚指輪の探し方はどうしたら良いの?

結婚指輪の探し方教えます

結婚指輪を探すのは、初めての経験です。

2回目3回目という方もいらっしゃるでしょうが、人の人生はそれぞれです。

ただ2回目3回目の結婚指輪であっても、新たな人生を歩む際には初心を忘れないようにしたいものです。

そこで結婚指輪の探し方について、紹介します。

方法は1つだけでなく色々ありますが、あくまでも1つの方法として捉えていただければ幸いです。

情報収集

まずはスマホやタブレットなどを使い、「結婚指輪」と画像検索してみましょう。
≫ 『結婚指輪の探し方はどうしたら良いの?』

18kの結婚指輪を手作り

高級素材を選んでも手作りってできるの?

18kのゴールドはとても人気の素材で結婚指輪にもよく使われています。

手作りするときにも選べることが多いのですが、本当にうまく作れるのか不安もありますよね。

指輪が完成するどころか、高級素材を壊して終わりにならないのでしょうか?

この心配はほとんどありません。

職人のサポートがありますし、実は手作りといっても18kといった正式な素材に触らない作り方もあるためです。

≫ 『18kの結婚指輪を手作り』

ごつい結婚指輪を作るには

自分で作るごつい結婚指輪

指輪の好みは人それぞれですし、似合うテイストもそれぞれであります。

できればごつい結婚指輪にしたい方もおられるでしょう。

しかしお店で見つかる指輪の多くはシンプルなものや細身のものが多く、ごついテイストの指輪はそれほど多くは見つかりません。

そんなときにおすすめなのが手作りするという方法です。

ごつい指輪でも問題なく作れます。

気に入る指輪がなかなか見つからない方にはおすすめです。

ごつい指輪は簡単に作れる?

ごついといってもいろいろなデザインがありますが、指輪のサイズ感が大きいという意味なら作るのも簡単です。

結婚指輪の工房では、ワックスという金属とはまったく別の柔らかい素材を使って、先に指輪のデザインを完成させるという作り方をすることも多いです。

これならいろいろなデザインを作れるほか、金属加工をしないおかげで初心者でも簡単にやれます。

この方法でサイズ感の大きい指輪を作りたいなら、ワックスを削る量を少なめにすればOK。

削る量が少ないほど厚みや幅のある指輪になります。

目立たない指輪にしたい方には少し気になるサイズ感かもしれませんが、ごつい指輪にしたいときにはそれでぴったりとなるのです。

ほかのデザインよりも作業量が少なくなるくらいで、意外と簡単にごつい指輪を作れます。

≫ 『ごつい結婚指輪を作るには』

結婚指輪の値段はいくら?

指輪を手作りしたときの値段とは

最近では結婚指輪を自分で手作りすることも可能です。

手作り工房というお店に行けば材料もサポートもすべて揃っており、その場で簡単に指輪を作れます。

とてもユニークな体験ができ、自分の手で作った思い入れのある指輪も手に入るほか、値段も少しお手頃になることもあります。

いい指輪を手に入れたい、しかし値段はなるべく抑えたいときなどにはおすすめの方法です。

格安の指輪が手に入ることも

自分で手作りしてみたとき、うまくいくとペアで10万円以下という値段の結婚指輪を作れることもあります。

これは結婚指輪としてはかなりお得な部類です。

ブランドの指輪を選ぶとペアで10万円程度なら安い方で、実際にはペアで20万円程度はするものが多いのです。

手作りすることでかなり費用を抑えられてお得な指輪となりますから、値段が気になる方にはおすすめです。

≫ 『結婚指輪の値段はいくら?』